home
new products
my account
shopping cart
印紙税を用意する    
checkout
 
     
     
 
    事業を営んでいる人や、法人として営業活動をしている人の場合、日常的に起こりうる税金関連の問題を解消するため、税理士事務所を利用することがあります。個人で確定申告を行う場合のように、個別の案件だけを相談するケースも考えられますが、法人としての活動では、所得税以外の税金についても、頻繁に相談する必要が出てくるため、個別に相談するのではなく、顧問契約を結んでおくのが一般的です。名古屋などの地域でも、顧問契約に対応している事務所は多くあります。自分の企業のスタイルに合っている事務所を探して、顧問契約書を交わしておくべきです。ただし、顧問契約を締結する場合には、気をつけなければならない点があります。それは、印紙税に関する問題です。税理士との間で締結する顧問契約が、請負契約に該当するのか、委任契約に該当するのか、分かりづらいのです。請負契約に該当する場合は、所定の印紙税を支払う必要が生じますが、委任契約に該当する場合は、印紙税が課税されないことになります。どちらの種類の契約になるのかが、大きな問題となるわけです。これは、自由に決めてよいものではなく、取り扱う業務の内容を見て、個別に判断していくことになります。

青色申告 / 依頼を出したいなら
   
         
 
 
 
   
 
   
 
 
 
 
     
      enter
 
 
 
10年ぶりに母が健康診断に行ってくると言うので、病院まで乗せていってあげました。母の背中を見ると何だかすごく小さくなったような気がしました。私が学生だったあの頃に比べると、本当に年を取ったと感じられ胸が詰まる思いでした。検査で異常は無かったと言っていましたが、確実に老化が始まっていると私は思いました。家にいる時は母の事をじっくり見た事がなかったから、ずっと昔の母のイメージで止まっていたけど、本当は違うという事を実感しました。親はいつまでもいると思うな、と母が良く言っていたけど今ならすごく納得出来ます。親をもっと大切にしないといけないなと思うようになりました。母の日 ギフト今まで安いものでと考えていたけど、今度からは値段よりも喜んでもらえる物を買ってこようかな。そろそろ親孝行をしないといけないですね。こんな事を考えるようになったとは自分も大人になった証拠ですね。でもコーヒーとビールの美味しさが未だに分からないのが残念です(笑)母はコーヒー大好きで、父はお酒大好きなんですが、私はどちらも苦手で・・・でも両親ぐらいの年齢になれば美味しさも分かってくるんでしょうかね。いわゆる大人の味!というのが分かるようになりたいものです。 
 
 

 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Copyright